FC2ブログ

Welcome to my blog

花より男子二次小説
ちょっぴり切ない物語

Lily of the valley

初めに必ずお読みください

はじめまして。管理人のすずらんと申します。花より男子。何年経っても色褪せないとでも言うのでしょうか。素敵な世界ですよね。原作は実家に置き去りで何年も読んでいませんが、ドラマの再放送が始まるとついつい見てしまいます。そして、どういうわけか二次の世界に辿り着きました。そしてそして。このようなブログを立ち上げてしまいました。勢いだけで作っただけあり、なかなか陽の目を見ることが出来ずに今日に至ります。みな...

天使の願い 47

食い入るように小窓を覗いていたつくしだが、やがてそれをそっと隣に置くと壁に凭れてぼんやりと頭上を眺める。小窓の中には桃色の光を放つ優紀と薄い緑色の光を総二郎がいた。二人の言動や当人達の纏う空気から、総二郎と優紀の間に新たな何かが生まれているのは明らかだった。優紀の強さと優しさに癒されたのかな…心の傷は簡単に癒える事はない。けれどもそれを補う何かがあれば話は別だ。総二郎にとってのそれが優紀という存在...

天使の願い 46

すっきりとしながらも可愛らしいオブジェで飾られた、まさに女性らしい部屋。うわーっ懐かしい!!少し前にも覗いたことがあるというにも関わらず、つくしの心はうきうきとしていた。それもそのはず。嘗てはその部屋を度々訪れては、部屋の主と話を咲かせていたのだ。けれど今は部屋の主はいない。見る限り誰もいなそうな部屋を覗き、つくしは首を傾げる。こんなこと…今までなかった…よね?どういうこと…??小窓を覗けば必ずそこ...

天使の願い 45

『なーんてね!びっくりした?』『てめー!!』『だって、司があんまりにもつまらなそうな顔してるんだもん!からかいたくもなるでしょ~』『ったく変わんねーな、お前も。くくっ』『そりゃあそうよ!人間なんてそうそう変われないでしょ!でも例外もいるか!司はすっごくいい男になったもんね~きっと私たちはいろんなことが変わったんだろうな……』ずっと朗らかだった滋の表情が微かに曇る。『あたりめーだろ!俺たちが認めた女な...

天使の願い 44

朝も夜もなく、空腹を感じる事もなければ睡魔に襲われる事もない白い世界。刻の経過を知らせてくれるのは小窓の向こうから見える景色だけ。そんな白い世界にあるのはつくしの記憶に残る、自身が過ごしていたアパートの一室のみ。退屈だな…。元来働き者のつくしにとって、何もせずにただそこにいるだけというのは退屈でたまらない。小窓が現れなければ何もする事のない世界で何度となく囁かれたのはこの言葉だった。この日のつくし...