FC2ブログ

Welcome to my blog

花より男子二次小説
ちょっぴり切ない物語

Lily of the valley

初めに必ずお読みください

はじめまして。管理人のすずらんと申します。花より男子。何年経っても色褪せないとでも言うのでしょうか。素敵な世界ですよね。原作は実家に置き去りで何年も読んでいませんが、ドラマの再放送が始まるとついつい見てしまいます。そして、どういうわけか二次の世界に辿り着きました。そしてそして。このようなブログを立ち上げてしまいました。勢いだけで作っただけあり、なかなか陽の目を見ることが出来ずに今日に至ります。みな...

天使の願い エピローグ

「全てを平等に幸せにすることは価値観が違う世界では難しい…そうか君が来たんだねさぁ、キミならどうする?」それはいつか途切れ途切れにつくしにかけられた言葉家族や友人を見守り続ける中で途切れた言葉に気付き、今し方までそれに尽くし、笑顔の知人達の姿に安心したようにつくしは今も眠っている願いを口に出す事もなく………『転生を願うって……私たちにはよく理解出来ないわね…?』『そうね…けど……ここに来る人間達を見ていると...

天使の願い 58

それぞれが幸せに繋がる道を歩いている。欠けてしまった何かを大事に胸に抱えながら。当たり前だと思っていたことの大切さに気づいた。昨日と同じ今日はない。明日、明後日も刻々と変わっていくことを身をもって知った。あり得ないことを信じることで世界は変わる。そんな世界を皆が皆、必死で生きている。『おいっ!こんなとこで寝てると風邪ひくだろ!つーか、迎えに来たってのにこんな所で爆睡してんじゃねーっ!起きろっ!!』...

天使の願い 57

「司~、ちょっと待ってってばぁ!!」「あぁ?!昨日早起きするっつったのはお前だろ!こんな日に寝坊しやがって」「ごめんってば!!」「くっそ…早くしろっ!!」「ごめんね、お待たせ!」散々急かされて身支度を整えた滋は白を基調とした花束を手に持ち、司の前に現れた。「行くぞ!」「うん」リムジンに乗り込みやってきたのはつくしが眠る霊園。毎年欠かす事なくやってくるこの場所はいつも二人を温かく迎えてくれているよう...

天使の願い 56

つくしの意識は暗闇の中を揺蕩う得も言われぬ心地よさに笑みを浮かべて『それにしてもさー、偶然って重なるもんなんだね~。私と遥ちゃんの妊娠時期が重なるなんて!しかも予定日は12月末!!どっちも元気に産まれて来るといいね~』『あぁ、そうだな』『司~、お前、もしかしてあいつの生まれ変わりかもなんて思ってんじゃね?』『道明寺さん!もしも生まれ変わりがあるとしたら絶対私の所ですからね!』『くくっ。確かに…司の所...